和鶴

お知らせ私のメイドイン大阪プロジェクトメンバー商品のご紹介例えばこんなしつらえ方ご購入方法
お取り扱い店

白磁グラス 制作

北野勝久
1980年 大阪市生まれ
2000年 大阪芸術大学短期大学部ビジュアルデザイン学部卒業
2002年 京都府立陶工高等技術専門校 成形科 研究科 修了   信楽にて古谷信男氏に師事
2005年 自宅陶房にて父・北野勝彦氏のもと作陶を始める。  新美工芸展 入選(05~07年)
2006年 第三十五回 日本伝統工芸近畿展 入選
2007年 大阪工芸展 入選、第十三回 新美工芸会展"新美工芸大賞"受賞
第三十六回日本伝統工芸近畿展"和歌山県教育委員会教育長"受賞
第一回萩大賞展"優秀賞"受賞
2008年 第十四回新美工芸会展”読売テレビ賞”受賞

凛とした美しさの中には優しさも感じる。繊細な曲線と端正なフォルムが上質な陶磁器の証しだ。
備前焼の作陶家を父に持つ彼は、たまたま足を運んだ展覧会で、とある白磁の作品に衝撃を受けた。まだ自分の方向性に不安でいっぱいの時、そんな要素を一瞬で拭い去ったという。
シンメトリーで作ることが当たり前だった自分の磁器のぐい呑みに、捻りを加えて動きを出したり、ガラスの技法を取り入れたりすることで、今までと違った表情を生み出すことに成功した。
「僕も誰かに感動を与えたい」。失敗を毎日繰り返しながら、今日も新しい試みに挑戦し続ける。

北野勝久のホームページへ 
北野勝久のブログへ